【緊急発表】特別寄稿2:『日本人の名字30万種類』という説は本当か?

【緊急発表】特別寄稿2:『日本人の名字30万種類』という説は本当か?
2017/12/27(水) 08:30

名字由来netや本ニュースサイトでは、多くの名字研究家や郷土史研究家にご協力いただいています。前回は、「蛍原」という名字について読者より解説の要望があったため、特別寄稿を記しましたが、今回は、「名字はどれくらい存在するのか?」という解説のご要望が読者よりございましたので、特別寄稿第二弾として「『日本人の名字30万種類』という説は本当か?」をお送りします。

 

 日本に名字はどれくらい名字の種類があるのでしょう。これに対する答えとして、日本の名字研究の第一人者であり、系譜学を提唱した太田亮氏や民俗学を創始した柳田国男の弟子にあたる丹羽基二氏は、1996年に『日本苗字大辞典』を刊行して約30万以上説を唱えました。ところが近ごろ、この説を否定して約半分の10数万だという人がいます。はたして、どちらが正しいのでしょう?

名字の数え方には幾通りかあります。

古谷と書いても「ふるや」さんもいれば、「ふるたに」さんもいます。中島さんには「なかじま」さんもいれば、「なかしま」さんもいます。このように二つの語がつながって複合語になったとき、後ろの語の最初が濁ることを「連濁」といいますが、名字には中島のほかにも高田、山崎、中川、谷口など連濁するものがたくさんあります。ほかに高と髙のような異体字の変化もあり、数は増えるばかりです。

 

丹羽氏は1985年に刊行した『日本姓氏大辞典』で十数万種の名字を示し、さらに採集を続けて約30万以上説に至りました。ここで大事なことは、丹羽氏は数字の根拠となるデータを明らかにしているということです。

 

そもそも丹羽氏が名字を網羅しようとした目的は、名字の由来を解く上での材料として使いたいという考えに基づくものでした。たとえば「すずき」という名字は鈴木のほかに寿々木・雪・鱸・進来など30種類以上の文字が当てられています。この「読み方」と「当てられた文字」の組み合わせを手がかりにして、その名字の由来を読み解こうとしたのが丹羽氏の生涯のテーマだったようです。そのためには、数多くのサンプルを必要としました。そこで丹羽氏は全国の名字研究家、名字収集家といわれる人々に協力を求め、彼らが集めた名字を提供してくれるように頼みました。その経緯をすべてここで述べることはできませんが、端的に表現すると、丹羽氏の人徳もあって、多くの研究家がこれに応じ、長年集めたデータを「使ってください」と無条件で渡しました。それを出版社がパソコンに打ち込んで完成させたのが『日本苗字大辞典』でした。

 

丹羽氏の『日本苗字大辞典』には、現時点では実在しない名字が含まれていると指摘されています。実際には根拠をもって証明できないようですが、なぜそのような名字や名字ではないもの(しこ名など)までが混じりこんでしまったかといえば、それは全国の名字研究家、収集家から提供されたデータに誤りがあったからです。

辞典を出版するさいに丹羽氏が校閲でそれらを排除し切れなかったことは事実ですが、名字を日本人が作り出した文化遺産という高い意識レベルでとらえていた丹羽氏にとっては、たとえ現在存在していなくても、かつて存在していた可能性がある名字は、ほかの名字の由来を解く上で必ず役に立つと信じていました。

また、ある名字が過去にさかのぼって実在していないことを証明するのは非常に難しいことです。各時代の名字データが揃っていないわけですから、存在の完全否定はほぼ不可能です。その点を踏まえ、また大切なデータを提供してくれた収集家に対する配慮もあって、丹羽氏はあえて「疑わしきは残す」という方針でのぞんだのです。

約30万種類以上説の根拠となった『日本苗字大辞典』の真の価値は、名字の由来を読み解く上で多くのヒントを与えてくれる文献だということです。その真価に気づかず、30万という数にのみ過剰反応し、実在しない名字があると手柄話のように言い立てる人は、きっと自分ではこの辞典を使って名字の由来をひとつも読み解いたことがないのでしょう。もしも、この辞典をそういう目的で利用すれば、丹羽氏の先行研究が現在でも十分役に立つことを実感できるはずです。

それともうひとつ。

説というのは根拠を示さなければ議論にもなりません。丹羽氏の説を否定するのであれば、まずは自説の根拠となるデータをはっきりと示す必要があります。そのうえで『日本苗字大辞典』に収録されている約半数の名字が「存在しない」ことを証明しなければ、いつまでたっても10数万という数字には何の根拠も説得力もありません。

いたずらに世間を惑わせているだけといわれてもしかたありません。国の一等資料(国勢調査票・戸籍)を使えない調査者が血眼になって「存在しない(名字)」をいくつか見つけ出したところで、そんなことは実はほとんど何も名字研究には寄与しません。それよりも自説を本やテレビで言うときにはきちんと根拠を示し自分で研究した内容を発表し、根拠を明示するべきでしょう。根拠の無い説は似非(えせ)科学です。ちなみに、ここで述べている「存在しない(名字)」とは「幽霊」のことではありません。幽霊とは、三省堂大辞林によると、

①死者の霊。亡魂。

② 死者が成仏(じようぶつ)できないでこの世に現すという姿。おばけ。 「 -が出る」

③ 実際には存在しないものを形の上だけで存在するように見せかけたもの。

の意味であり、丹羽氏は、先にも述べているように「かつて存在していた可能性がある名字は、ほかの名字の由来を解く上で必ず役に立つ」「ある名字が過去にさかのぼって実在していないことを証明するのは非常に難しい。各時代の名字データが揃っていないため、存在の完全否定はほぼ不可能」という観点から、あえて「疑わしきは残す」という方針で辞典を編さんしたのであって、「幽霊」という表現には該当しません。なぜなら丹羽氏の発表した名字は、「実際には実在しないものを形の上で存在するように見せかけたもの」でも、「死者の霊」でも「おばけ」でもないからです。この違いを理解せず、そのような表現をしている人物がいるとすれば、おそらく、その人物は名字の成り立ちや歴史をきちんと知らず、独自の名字研究を行ってはおらず、研究家のようにみせかけている「似非(エセ)収集家」ではないでしょうか。

そして、当サイト(名字・名前・家系図/家紋/神社・お寺ニュース)のコラムなどから、文言を引用し、自説のように使う人物がたまに発見されるようですが、このコラムで発表している専門家、研究家の資料には、すべて根拠となる記録が存在します。それを知らずに文字上の内容だけを改変、咀嚼したり、引用すると、間違ったことを述べる可能性があります。後々、どのように引用したのかなどが当局を含め発覚することとなりますので、似たような説をテレビなどで発表しているケースがありましたら、こちらにお問合せ下さい。早速調査をさせていただき、その裏にある真実などをお伝えいたします。お気づきのことがありましたら、お気軽にお問合せください。

 

そして丹羽基二氏が1996年に発刊した『日本苗字大辞典』は、現在も名字研究の基礎文献として全国の図書館に所蔵され、参考図書として広く使われています。今年で発刊から21年たちましたが、いまだに丹羽氏の約30万種以上説を否定するにたるデータを発表した者はなく、氏の説は日本の名字研究における大きな金字塔となっています。

丹羽氏の一生を費やした真摯な研究により明らかになった約30万種以上もの名字を考えると、日本は世界でも有数の名字大国といえるでしょう。

 

「特別寄稿第一弾【蛍原】の名字由来について」こちらから

名字由来netや本ニュースサイトでは、多くの名字研究家や郷土史研究家にご協力いただいています。前回は、「蛍原」という名字について読者より解説の要望があったため、特別寄稿を記しましたが、今回は、「名字はどれくらい存在するのか?」という解説のご要望が読者よりございましたので、特別寄稿第二弾として「『日本人の名字30万種類』という説は本当か?」をお送りします。

 

 日本に名字はどれくらい名字の種類があるのでしょう。これに対する答えとして、日本の名字研究の第一人者であり、系譜学を提唱した太田亮氏や民俗学を創始した柳田国男の弟子にあたる丹羽基二氏は、1996年に『日本苗字大辞典』を刊行して約30万以上説を唱えました。ところが近ごろ、この説を否定して約半分の10数万だという人がいます。はたして、どちらが正しいのでしょう?

名字・名前・家系図/家紋ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
※このサイトはリンクフリーです。
※記事をご利用される場合は、「参考資料 名字・名前・家系図/家紋ニュース」「名字・名前・家系図/家紋ニュースより引用」「出典 名字・名前・家系図/家紋ニュース」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字・名前・家系図/家紋ニュース」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。
※記事中の名字の人数や順位は、記事作成時点もしくは発表時点のものとなります。名字由来netでは随時ランキングを見直しているため、最新のデータとは異なる場合があります。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

おすすめアプリ

名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。ダウンロード300万件突破!!

おすすめ記事

全国名字めぐりの旅 第63回 福島県(12)

2017/02/24(金) 08:30
link

全国名字めぐりの旅 第38回 秋田県(12)

2017/01/05(木) 08:30
link

名字ランキング 第214位 小沢

2018/05/25(金) 08:30
link

名字ランキング 第108位 高野

2017/07/09(日) 08:30
link

関連ニュース

名字ランキング 第221位 今村

2018/06/18(月) 08:30
link

名字ランキング 第220位 白石

2018/06/15(金) 08:30
link

名字ランキング 第219位 関根

2018/06/11(月) 08:30
link

名字ランキング 第218位 牧野

2018/06/08(金) 08:30
link

おすすめiPhoneアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!6,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■神社がいいね
日本の神社を5万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!

おすすめAndroidアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!6,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を5万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!