特別寄稿:【蛍原】の名字由来について

名字コラム
特別寄稿:【蛍原】の名字由来について
2017/09/22(金) 10:00

名字由来netや本ニュースサイトでは、多くの名字研究家や郷土史研究家にご協力いただいています。今回は、「蛍原」という名字について読者より解説の要望があったため、特別寄稿といたします。

名字・名前・家系図/家紋ニュースの名字コラムでも記載されていますが、現代名字研究の第一人者であり、名字関連の書籍を100冊以上執筆されている「丹羽基二」氏によれば日本人の名字の8割以上は地名由来の姓だとされています。名称のきっかけが地名や地名の一部からとられた例が多くあります。

日本人は血筋を大切にする世界でもまれな民族であり、わかりやすい事例では、「源平藤橘」にあげられるように、自分の先祖が源氏なのか、平氏なのか、藤原氏なのか、といったことを知りたい方が多く、計算上は1500年ごろに生きていた人のうち6人に1人が我々のご先祖様です。歴史人口学の観点からも、我々のルーツが中世の名家とつながりやすいことが証明されています。そのため、「源平藤橘」や高貴な血をルーツに持つ家が多いこともわかっています。

明治以降に「平民苗字許可令」や「平民苗字必称義務令」といったものが出来て名字を強引に名づけられたと勘違いされている方も多いですが、実際には日本の農村地域では平民でも名字をもっていた事例は数多報告されています。

現在の歴史学では、早稲田大学教授である「洞富雄」博士の研究により、江戸時代の庶民も名字を持っていたことが明らかにされました。
庶民は幕府の禁令によって公的に名字を使用することができなかったが、個人的な手紙や神社やお寺への寄進帳などには名字と名前を署名していたことも実証されました。
そもそも庶民に名字が無かったとすれば、江戸幕府が名字使用をわざわざ禁ずる法令を出す必要などなく、名字由来netや当サイトの郷土研究家、名字研究家、専門家の報告では、各地の除籍・戸籍調査や家系調査を地道に実施・研究する限り、平民の家でも、由緒正しく、当時の名字入りの署名文献、古文書が残っている家が多く存在する実態が報告されています。

「蛍原(ほとはら)」という名字も、地名姓である可能性は高いものの、地名として現在は国内に見受けられません。
しかし、当サイトの専門家による地域調査により判明したのは、大和言葉で「ほと」とは火山の噴火口などの意味や二股の地、渓谷などであり、「はら」は広い場所や開けた場所を指しています。また、「蛍イカの水揚げの地域や地形が由来」といった点です。
石川県がルーツだと考えられます。


中途半端な調査では由来を考察することは難しいため、今回は読者の要望をかなえるべく、特別解説をさせていただきました。
名字に興味ある多くの読者、ユーザーの参考になれば幸いです。

名字由来netや本ニュースサイトでは、多くの名字研究家や郷土史研究家にご協力いただいています。今回は、「蛍原」という名字について読者より解説の要望があったため、特別寄稿といたします。

名字・名前・家系図/家紋ニュースの名字コラムでも記載されていますが、現代名字研究の第一人者であり、名字関連の書籍を100冊以上執筆されている「丹羽基二」氏によれば日本人の名字の8割以上は地名由来の姓だとされています。名称のきっかけが地名や地名の一部からとられた例が多くあります。

日本人は血筋を大切にする世界でもまれな民族であり、わかりやすい事例では、「源平藤橘」にあげられるように、自分の先祖が源氏なのか、平氏なのか、藤原氏なのか、といったことを知りたい方が多く、計算上は1500年ごろに生きていた人のうち6人に1人が我々のご先祖様です。歴史人口学の観点からも、我々のルーツが中世の名家とつながりやすいことが証明されています。そのため、「源平藤橘」や高貴な血をルーツに持つ家が多いこともわかっています。

名字・名前・家系図/家紋ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
※このサイトはリンクフリーです。
※記事をご利用される場合は、「参考資料 名字・名前・家系図/家紋ニュース」「名字・名前・家系図/家紋ニュースより引用」「出典 名字・名前・家系図/家紋ニュース」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字・名前・家系図/家紋ニュース」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。
※記事中の名字の人数や順位は、記事作成時点もしくは発表時点のものとなります。名字由来netでは随時ランキングを見直しているため、最新のデータとは異なる場合があります。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

おすすめアプリ

名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。ダウンロード300万件突破!!

おすすめ記事

名字ランキング 第18位 林

2017/01/10(火) 08:30
link

名字ランキング 第75位 今井

2017/05/04(木) 08:30
link

名字ランキング 第68位 高木

2017/04/20(木) 08:30
link

名字ランキング 第31位 前田

2017/02/05(日) 08:30
link

関連ニュース

名字ランキング 第167位 菅野

2017/12/11(月) 08:30
link

名字ランキング 第166位 田辺

2017/12/09(土) 08:30
link

名字ランキング 第165位 松村

2017/12/04(月) 08:30
link

名字ランキング 第164位 堀

2017/12/02(土) 08:30
link

おすすめiPhoneアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!6,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を5万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!

おすすめAndroidアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!6,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を5万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!