日本のkamonはすばらしい文化遺産

名字コラム
日本のkamonはすばらしい文化遺産
2016/11/11(金) 08:30
女紋のことが出たので、家紋についても説明しておこう。

 家紋は日本固有のもので、外国でも「kamon」「mon」の名で知られている。家紋と似たようなものは西洋にもあるが、それらが貴族など特権階級の独占物であったのに対して、日本の家紋は庶民にまで広く浸透した。だから日本の「kamon」を知らない外国人は、あなたの家に先祖代々の紋章があると聞くと驚く。「おー失礼しました。あなたは貴族だったのですね。これからは爵位でお呼びしましょう」などと、時代錯誤なことをいう老紳士もいるほどだ。

 イギリスには現在でも紋章院があり、貴族の紋章と系譜を管理し、王家の儀礼をつかさどっている。紋章の歴史を研究する紋章学も盛んである。オックスフォード大学では紋章学をまなべば文学修士になることができるし、コンナ・ドイルが大の紋章好きだった話も有名である。コナン・ドイルはご存じの通りシャーロック・ホームズを生んだイギリスの医師だが、彼にとって探偵小説はほんのお遊び程度の趣味で、本当に没頭していたのは紋章の研究だったのである。

 横道にずれたが、話を家紋に戻そう。

 日本で最初に家紋を使ったのは西園寺実季(1035-92)という公家だった。明治後期に最後の元老といわれた首相西園寺公望のご先祖さまである。実季は自家用車の牛車(日本では馬車ではなく牛車を使った)に巴紋を描いて都大路を乗り回した。それまでも牛車や調度品にはさまざまな文様が描かれていたが、ある文様が親から子へ引き継がれることによって、それは家の紋、家紋になっていったのである。その親子継承を始めたのが西園寺家だった。

 日本でも家紋は当初、貴族だけが使っていた。西洋と同じである。ちなみに西洋の紋章も同じころに生まれている。文化の交流の無い日本と西洋で、ほぼ同時期に紋章が使われ出したのは興味深い。人間の考えることは、大差ないということだ。次に、これをまねて武家が使い出した。西洋でも騎士は紋章を持っている。やはり日欧共通である。ところが、次が違った。日本では江戸時代(1603-1867)になって、庶民にまで家紋が広がっていったのである。

 日本に比べると、朝鮮半島や中国は姓(ファミリーネーム)が極端に少ない。これは儒教の教えで姓を変えるのを嫌ったからである。西洋で紋章が庶民に広がらなかったのは、貴族が権威の象徴として独占したからである。どちらも徹底して行われた。ところが日本では、そういう名字や家紋のしばりがゆるかった。庶民の名字使用を禁じてはいたが、お上(かみ)の目が届かないところでは堂々と使っていた。家紋に至っては葵紋の使用禁止しかタブーがなく、商家が十六葉の菊紋を暖簾に描いて使っていても、幕府は何もとがめなかった。

 家紋は名字と組み合わせて考えると、ルーツを推理することができる。

名字は分家すると変えてしまうことがあるが、家紋は本家の紋に丸を加える程度の変化にとどまった。このように家紋は名字に比べると横断的に同族が同系統の家紋を使う特徴があるんだ。この法則を知っていると、家紋からルーツを推測することができる。

たとえば四つ目結は第59代宇多天皇(867-931)の流れをくむ宇多源氏佐々木一族の代表家紋である。佐々木以外の名字でも、この家紋を使っていれば宇多源氏につらなる家柄の可能性が高い。有名なところでは乃木希典将軍だろう。乃木家は佐々木氏の子孫だから四つ目結を変化させた家紋を使っている。同様に割り菱なら、第56代清和天皇(850-881)の流れをくむ清和源氏武田氏族の代表紋である。蝦夷地唯一の大名松前氏は武田一族と称しているから、丸に割り菱を家紋にしている。

 家紋は現在、約2万種類確認されているが、江戸時代に使われたものは多くても8.000程度だろう。そのほかの家紋は明治以降に新しくデザインされたもので、明治の新紋といわれている。明治の新紋には夫婦の家紋を組み合わせた複雑な形のものや将棋の駒、土星など珍奇なものがある。これらはしょせん遊びで作られたものだから、研究の対象にはならない。

 kamonのデザインは本当にすばらしい。何百年も前に生まれたにもかかわらず、いまだに世界に通用する斬新さがある。kamonを賞賛する外国の芸術家は多い。我々は、こんなステキなデザインを考案してくれたご先祖に感謝し、我が国の文化遺産としてkamonをもっと大切にしようではないか。

女紋のことが出たので、家紋についても説明しておこう。

 家紋は日本固有のもので、外国でも「kamon」「mon」の名で知られている。家紋と似たようなものは西洋にもあるが、それらが貴族など特権階級の独占物であったのに対して、日本の家紋は庶民にまで広く浸透した。だから日本の「kamon」を知らない外国人は、あなたの家に先祖代々の紋章があると聞くと驚く。「おー失礼しました。あなたは貴族だったのですね。これからは爵位でお呼びしましょう」などと、時代錯誤なことをいう老紳士もいるほどだ。

 イギリスには現在でも紋章院があり、貴族の紋章と系譜を管理し、王家の儀礼をつかさどっている。紋章の歴史を研究する紋章学も盛んである。オックスフォード大学では紋章学をまなべば文学修士になることができるし、コンナ・ドイルが大の紋章好きだった話も有名である。コナン・ドイルはご存じの通りシャーロック・ホームズを生んだイギリスの医師だが、彼にとって探偵小説はほんのお遊び程度の趣味で、本当に没頭していたのは紋章の研究だったのである。

 横道にずれたが、話を家紋に戻そう。

 日本で最初に家紋を使ったのは西園寺実季(1035-92)という公家だった。明治後期に最後の元老といわれた首相西園寺公望のご先祖さまである。実季は自家用車の牛車(日本では馬車ではなく牛車を使った)に巴紋を描いて都大路を乗り回した。それまでも牛車や調度品にはさまざまな文様が描かれていたが、ある文様が親から子へ引き継がれることによって、それは家の紋、家紋になっていったのである。その親子継承を始めたのが西園寺家だった。

 日本でも家紋は当初、貴族だけが使っていた。西洋と同じである。ちなみに西洋の紋章も同じころに生まれている。文化の交流の無い日本と西洋で、ほぼ同時期に紋章が使われ出したのは興味深い。人間の考えることは、大差ないということだ。次に、これをまねて武家が使い出した。西洋でも騎士は紋章を持っている。やはり日欧共通である。ところが、次が違った。日本では江戸時代(1603-1867)になって、庶民にまで家紋が広がっていったのである。

 日本に比べると、朝鮮半島や中国は姓(ファミリーネーム)が極端に少ない。これは儒教の教えで姓を変えるのを嫌ったからである。西洋で紋章が庶民に広がらなかったのは、貴族が権威の象徴として独占したからである。どちらも徹底して行われた。ところが日本では、そういう名字や家紋のしばりがゆるかった。庶民の名字使用を禁じてはいたが、お上(かみ)の目が届かないところでは堂々と使っていた。家紋に至っては葵紋の使用禁止しかタブーがなく、商家が十六葉の菊紋を暖簾に描いて使っていても、幕府は何もとがめなかった。

 家紋は名字と組み合わせて考えると、ルーツを推理することができる。

名字は分家すると変えてしまうことがあるが、家紋は本家の紋に丸を加える程度の変化にとどまった。このように家紋は名字に比べると横断的に同族が同系統の家紋を使う特徴があるんだ。この法則を知っていると、家紋からルーツを推測することができる。

たとえば四つ目結は第59代宇多天皇(867-931)の流れをくむ宇多源氏佐々木一族の代表家紋である。佐々木以外の名字でも、この家紋を使っていれば宇多源氏につらなる家柄の可能性が高い。有名なところでは乃木希典将軍だろう。乃木家は佐々木氏の子孫だから四つ目結を変化させた家紋を使っている。同様に割り菱なら、第56代清和天皇(850-881)の流れをくむ清和源氏武田氏族の代表紋である。蝦夷地唯一の大名松前氏は武田一族と称しているから、丸に割り菱を家紋にしている。

 家紋は現在、約2万種類確認されているが、江戸時代に使われたものは多くても8.000程度だろう。そのほかの家紋は明治以降に新しくデザインされたもので、明治の新紋といわれている。明治の新紋には夫婦の家紋を組み合わせた複雑な形のものや将棋の駒、土星など珍奇なものがある。これらはしょせん遊びで作られたものだから、研究の対象にはならない。

 kamonのデザインは本当にすばらしい。何百年も前に生まれたにもかかわらず、いまだに世界に通用する斬新さがある。kamonを賞賛する外国の芸術家は多い。我々は、こんなステキなデザインを考案してくれたご先祖に感謝し、我が国の文化遺産としてkamonをもっと大切にしようではないか。

名字・名前・家系図/家紋ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
※このサイトはリンクフリーです。
※記事をご利用される場合は、「参考資料 名字・名前・家系図/家紋ニュース」「名字・名前・家系図/家紋ニュースより引用」「出典 名字・名前・家系図/家紋ニュース」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字・名前・家系図/家紋ニュース」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。
※記事中の名字の人数や順位は、記事作成時点もしくは発表時点のものとなります。名字由来netでは随時ランキングを見直しているため、最新のデータとは異なる場合があります。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

おすすめアプリ

名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。ダウンロード300万件突破!!

おすすめ記事

名字ランキング 第123位 久保田

2017/08/08(火) 08:30
link

名字ランキング 第64位 柴田

2017/04/12(水) 08:30
link

名字の文字数による分類

2016/11/27(日) 08:30
link

名字ランキング 第141位 石原

2017/09/13(水) 08:30
link

関連ニュース

名字ランキング 第167位 菅野

2017/12/11(月) 08:30
link

名字ランキング 第166位 田辺

2017/12/09(土) 08:30
link

名字ランキング 第165位 松村

2017/12/04(月) 08:30
link

名字ランキング 第164位 堀

2017/12/02(土) 08:30
link

おすすめiPhoneアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!6,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を5万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!

おすすめAndroidアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!6,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を5万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!