われわれの名字は明治5年に登録された

われわれの名字は明治5年に登録された
2016/11/03(木) 08:30

明治政府は収税と徴兵のため、まず明治3年(1870)9月19日に「平民苗字許可令」を布告した。これにより日本は再び国民皆姓に戻ったわけだ。

ところで、江戸時代に武士などが使っていた公称名字の数はどれくらいだったんだろう。正確に調べたデーターはないが、わたしは10万種類くらいではないかと推測している。この根拠は、中世までの記録に見える名字を拾った太田亮先生の『姓氏家系大辞典』(1934年刊行)である。この本に収録されている名字は約5万種類だが、そのうちある程度の解説文がついているものは3万前後。この3万に読み方の変化を加えると10万というところか。この10万種類が中世以来の名字で、江戸時代の公称名字の基礎となったと考えられるからだ。

ちなみに名字の数え方には二通りある。

文字だけで数える方法と読み方で数える方法である。文字だけで数えるというのは、高田を1名字として数える方法で、これだと名字数は約10万。しかし高田にはジャパネットたかたの社長高田明さんのように「たかた」と読ませる家もあれば、「たかだ」と読ませる家もある。変わったところでは「たつた」「こうだ」とも読む家もある。だから、読み方で数える方法だと高田は4種類になるんだ。この方法で数えると名字は一気に増えて約30万種類になる。

そのうち10万が江戸時代の公称名字だとすると、残りの20万が私称名字とその後に創作された名字ということになる。

 政府は明治4年(1871)に戸籍法を発布し、翌5年から壬申(じんしん)戸籍の作製を開始した。しかし庶民はなかなか名字を登録しなかった。庶民は政府のことなどはなから信用していなかったんだ。あれだけ幕府や藩が口やかましく禁止していた名字を今度は自由に名乗ってもいいという。そんな気前の良い話にはきっと何か裏がある。実際に政府が国民に名字を許したのは収税と徴兵のためだったわけだから、その直感は見事に当っていたわけである。魂胆をみすかされて怒ったのは政府だった。明治8年(1872)2月13日には「平民苗字必称義務令」を出して、強制的に名字を名乗らせることにしたんだ。いい迷惑なのは庶民である。何百年も使うなといわれていたから公然とは使わないようにしていたものを、こんどはさっさと登録して使えという。当時の人は、政府というのは本当に勝手なものだと思ったことだろう。

 こうして壬申戸籍に登録された名字は、改氏することが堅く禁じられ、現在まで受け継がれていくことになる。

明治政府は収税と徴兵のため、まず明治3年(1870)9月19日に「平民苗字許可令」を布告した。これにより日本は再び国民皆姓に戻ったわけだ。

ところで、江戸時代に武士などが使っていた公称名字の数はどれくらいだったんだろう。正確に調べたデーターはないが、わたしは10万種類くらいではないかと推測している。この根拠は、中世までの記録に見える名字を拾った太田亮先生の『姓氏家系大辞典』(1934年刊行)である。この本に収録されている名字は約5万種類だが、そのうちある程度の解説文がついているものは3万前後。この3万に読み方の変化を加えると10万というところか。この10万種類が中世以来の名字で、江戸時代の公称名字の基礎となったと考えられるからだ。

ちなみに名字の数え方には二通りある。

文字だけで数える方法と読み方で数える方法である。文字だけで数えるというのは、高田を1名字として数える方法で、これだと名字数は約10万。しかし高田にはジャパネットたかたの社長高田明さんのように「たかた」と読ませる家もあれば、「たかだ」と読ませる家もある。変わったところでは「たつた」「こうだ」とも読む家もある。だから、読み方で数える方法だと高田は4種類になるんだ。この方法で数えると名字は一気に増えて約30万種類になる。

そのうち10万が江戸時代の公称名字だとすると、残りの20万が私称名字とその後に創作された名字ということになる。

 政府は明治4年(1871)に戸籍法を発布し、翌5年から壬申(じんしん)戸籍の作製を開始した。しかし庶民はなかなか名字を登録しなかった。庶民は政府のことなどはなから信用していなかったんだ。あれだけ幕府や藩が口やかましく禁止していた名字を今度は自由に名乗ってもいいという。そんな気前の良い話にはきっと何か裏がある。実際に政府が国民に名字を許したのは収税と徴兵のためだったわけだから、その直感は見事に当っていたわけである。魂胆をみすかされて怒ったのは政府だった。明治8年(1872)2月13日には「平民苗字必称義務令」を出して、強制的に名字を名乗らせることにしたんだ。いい迷惑なのは庶民である。何百年も使うなといわれていたから公然とは使わないようにしていたものを、こんどはさっさと登録して使えという。当時の人は、政府というのは本当に勝手なものだと思ったことだろう。

 こうして壬申戸籍に登録された名字は、改氏することが堅く禁じられ、現在まで受け継がれていくことになる。

名字・名前・家系図/家紋ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
※このサイトはリンクフリーです。
※記事をご利用される場合は、「参考資料 名字・名前・家系図/家紋ニュース」「名字・名前・家系図/家紋ニュースより引用」「出典 名字・名前・家系図/家紋ニュース」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字・名前・家系図/家紋ニュース」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。
※記事中の名字の人数や順位は、記事作成時点もしくは発表時点のものとなります。名字由来netでは随時ランキングを見直しているため、最新のデータとは異なる場合があります。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

おすすめアプリ

名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。ダウンロード300万件突破!!

おすすめ記事

名字ランキング 第186位 岡崎

2018/02/16(金) 08:30
link

全国名字めぐりの旅 第149回 埼玉県(5)

2017/08/15(火) 08:30
link

名字ランキング 第102位 古川

2017/06/27(火) 08:30
link

全国名字めぐりの旅 第52回 福島県(1)

2017/02/02(木) 08:30
link

関連ニュース

名字ランキング 第301位 畠山

2019/03/25(月) 08:30
link

名字ランキング 第300位 落合

2019/03/22(金) 08:30
link

名字ランキング 第299位 村松

2019/03/18(月) 08:30
link

名字ランキング 第298位 星

2019/03/15(金) 08:30
link

おすすめiPhoneアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
登録数800,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!7,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■神社がいいね
日本の神社を6万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!

おすすめAndroidアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
登録数800,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!7,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を6万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!