実は庶民にも名字はあった

実は庶民にも名字はあった
2016/11/01(火) 08:30
長い間、江戸時代の庶民は名字を持っていなかったと信じられてきた。

これを唱えたのが大学者の柳田国男先生だったから誰も疑わなかった。しかし柳田先生がしっかり調査をしたかといえばそうではなかったらしい。二、三の事例と自分の経験から百姓無苗説に至ったようだ。それでも天下の柳田先生が本の中で農民、とくに中級以下の階層では絶対に名字を名乗ることが許されず、その多くはとっくに名字を忘れていたか、もともと名字を持ってはいなかったと断言していると、これにあえて異を唱える者はいなかった。

そんな柳田百姓無苗説をくつがえしたのが早稲田大学の洞(ほら)富雄教授である。

洞教授は長野県東筑摩郡の寺院で天明3年(1783)と文化13年(1816)の寄進帳を見たとき、そこに署名している1.000人以上の農民が全員、名字と名前を記しているのをみて驚いた。無苗どころか全員有苗じゃないか。文政13年(1830)に作成された長野県南安曇郡の「富士講中名簿」では2.345人の農民のうち、無苗の者はたったの16人だけだった。有苗の証拠が続々と見つかる。確信を得た洞教授は昭和27年(1952)に「江戸時代の庶民は果たして名字を持たなかったのか」という論文を発表した。これで歴史界の流れが180度変わった。

いまでは洞教授の「百姓がみずからの名字を忘却してしまうなど、ありえないことだ」という説が正しいとされている。ただし洞教授も庶民が全員名字を持っていたとはいっていない。都市部に住む町人層だけは名字を使う機会がほとんどなかったため、自分の名字を忘れてしまった家もかなり多かったと述べている。

またその後の研究によると、庶民の有苗と無苗には地域差があるという。西日本では上層農民が下層農民を厳しく監視していたため、いつしか名字を忘れてしまった農民が多かった。一方、東日本では地主や本家が小作人や分家に自分と同じ名字を名乗らせることが多かった。

長い間、江戸時代の庶民は名字を持っていなかったと信じられてきた。

これを唱えたのが大学者の柳田国男先生だったから誰も疑わなかった。しかし柳田先生がしっかり調査をしたかといえばそうではなかったらしい。二、三の事例と自分の経験から百姓無苗説に至ったようだ。それでも天下の柳田先生が本の中で農民、とくに中級以下の階層では絶対に名字を名乗ることが許されず、その多くはとっくに名字を忘れていたか、もともと名字を持ってはいなかったと断言していると、これにあえて異を唱える者はいなかった。

そんな柳田百姓無苗説をくつがえしたのが早稲田大学の洞(ほら)富雄教授である。

洞教授は長野県東筑摩郡の寺院で天明3年(1783)と文化13年(1816)の寄進帳を見たとき、そこに署名している1.000人以上の農民が全員、名字と名前を記しているのをみて驚いた。無苗どころか全員有苗じゃないか。文政13年(1830)に作成された長野県南安曇郡の「富士講中名簿」では2.345人の農民のうち、無苗の者はたったの16人だけだった。有苗の証拠が続々と見つかる。確信を得た洞教授は昭和27年(1952)に「江戸時代の庶民は果たして名字を持たなかったのか」という論文を発表した。これで歴史界の流れが180度変わった。

いまでは洞教授の「百姓がみずからの名字を忘却してしまうなど、ありえないことだ」という説が正しいとされている。ただし洞教授も庶民が全員名字を持っていたとはいっていない。都市部に住む町人層だけは名字を使う機会がほとんどなかったため、自分の名字を忘れてしまった家もかなり多かったと述べている。

またその後の研究によると、庶民の有苗と無苗には地域差があるという。西日本では上層農民が下層農民を厳しく監視していたため、いつしか名字を忘れてしまった農民が多かった。一方、東日本では地主や本家が小作人や分家に自分と同じ名字を名乗らせることが多かった。

名字・名前・家系図/家紋ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
※このサイトはリンクフリーです。
※記事をご利用される場合は、「参考資料 名字・名前・家系図/家紋ニュース」「名字・名前・家系図/家紋ニュースより引用」「出典 名字・名前・家系図/家紋ニュース」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字・名前・家系図/家紋ニュース」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。
※記事中の名字の人数や順位は、記事作成時点もしくは発表時点のものとなります。名字由来netでは随時ランキングを見直しているため、最新のデータとは異なる場合があります。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

おすすめアプリ

名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。ダウンロード300万件突破!!

おすすめ記事

全国名字めぐりの旅 第80回 富山県(1)

2017/03/30(木) 08:30
link

全国名字めぐりの旅 第150回 埼玉県(6)

2017/08/17(木) 08:30
link

名字ランキング 第36位 近藤

2017/02/15(水) 08:30
link

全国名字めぐりの旅 第122回 茨城県(10)

2017/06/22(木) 08:30
link

関連ニュース

名字ランキング 第257位 森下

2018/10/22(月) 08:30
link

名字ランキング 第256位 小笠原

2018/10/19(金) 08:30
link

名字ランキング 第255位 齋藤

2018/10/15(月) 08:30
link

名字ランキング 第254位 小原

2018/10/12(金) 08:30
link

おすすめiPhoneアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!7,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■神社がいいね
日本の神社を6万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!

おすすめAndroidアプリ(無料)

■名字由来net
名字を調べたいなら名字情報No.1の名字由来netアプリ。
ダウンロード300万件突破!!
■赤ちゃん名づけ
お子様の名付けに悩んだら「無料赤ちゃん名づけ」アプリ。
名づけデータ300,000種以上収録!!ダウンロード100万件突破!!
■無料 家系図
会員数100,000人突破!!日本最大の家系図アプリ!!
手軽に家系図を作りたいならこのアプリ。
■みんなの家系図
Webで好評の「みんなの家系図」がアプリになりました!
スマホでかんたん家系図作成。
■無料 家紋
家紋を知りたい、調べたいなら家紋アプリ!7,000種以上の家紋を収録!!
日本最大の家紋コンテンツが手のひらに。
■神社がいいね
日本の神社を6万件以上収録し、知りたい神社の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!
■お寺がいいね
神社がいいねの姉妹アプリ。日本のお寺を6万件以上収録し、知りたい寺院の情報を簡単検索。参拝や御朱印の登録で旅の記録もできる!